Osakaへの移住【メリットやデメリット】

Basic information of Osaka Pref

I am considering moving to Osaka Prefecture, but are there good properties? Is there a work place? There are many concerns such as.

Among them, many people decided to shift to a new place with emotion?

Let's learn immigration support etc. of each municipality in advance in order not to fail.

URL http://www.pref.osaka.lg.jp/
Population (people) 8838908
Area (sq. Km) 1905.14
Population density 4639.51

List of municipalities of Osaka Pref

Migration support information

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【Experience】Pros and cons of migrating to Osaka Pref

Advantages of immigration to Osaka Pref

Disadvantages of immigration to Osaka Pref

-Benefits of Minoo City-

箕面市に住むメリットは2つあります。
まずひとつは箕面市の立地条件です。箕面市から車で新御堂筋を利用すれば、混んでいない時だと15分ほどで新幹線の駅新大阪駅に到着できます。また、そこからさらに梅田まで全体で30分ほどで行くことができます。車だけではありません。阪急電車も開通しているのでそこから、阪急電車に乗って、大阪、京都、神戸までいくことができます。
ふたつめは、箕面市には日本の滝100選に選ばれた滝があります。観光客も訪れていますが、ジョギングやウォーキングにも最適です。滝道には箕面川が流れていて、川のせせらぎを聞きながら散歩することができます。

-Disadvantage of Minoo City-

箕面市のデメリットといえば、就職することが市内では難しいということです。箕面市内に、新卒の社員を募集している会社は少なく、そもそも企業自体があまり箕面市にありません。箕面市出身で、仕事を探すには電車にのって大阪まで出るひとが多いです。さらに、箕面市内にハローワークがないため、隣の池田市まで行く必要があります。仕事をするために箕面市に住むことを考えているひとにとっては、箕面市は最適な場所ではありません。

-Benefits of Minoo City-

大阪市の中心地である梅田に電車一本、車で新御堂筋一本で行きやすい立地です。大阪市内へ通勤される方のベッドタウンです。山が近く自然豊かですが田舎過ぎない。キューズモール箕面、阪急オアシス、スギ薬局、コーナンなど買い物には不自由しないし、有名な洋菓子屋も多数あり。子育て支援や教育に力を入れている地域でもあるので子どもの医療費が月2回まで500円負担でそれ以降は無料になったり、習い事や塾も多数あります。

-Disadvantage of Minoo City-

バスは通っていますが、時間や場所によっては本数が少なかったり、通ってない場所もあります。生活するには車がないと不便を感じることが多いです。山が近いので坂道も多く子連れで移動するなら電動自転車必須です。夏は雨が多く、大雨になるとがけ崩れを起こすところもあります。冬は大阪市内に比べるととても寒いです。

-Benefits of Settsu City-

大阪の中心部に近く、電車ですぐにアクセスできるところです。また、市内をJRや阪急が走っており、京都市内や神戸市内へも非常にアクセスしやすく便利なところがメリットだと思います。そのほか、大阪中心部にアクセスしやすいですが、街が発展しているわけではないので、夜は静かで暮らしやすいです。

-Disadvantage of Settsu City-

遊びに行く場所が市内にはあまりないところです。ショッピングモールなどもなく、遊びに行く場合は隣の市などになってしまうので、その点ではもの足りません。また、飲食店がとても少ないところもデメリットです。チェーン店などもあまりなく、隣接する市ほど飲食店がないので、市内で食べる場合は限られたところになってしまいます。

-Benefits of Neyagawa City-

・役所手続きが割とはやい。
 先の給付金も申請後1週間で給付されました。
 その他の手続きも早いように思います。

・街のスーパーが豊富。
 地域の有名スーパーが5件以上あり、特売日に合わせてスーパーを選べる。
 その他、ショッピングモールもあり、衣類、家電もそろいます。
 買い物で不便なことはないと思います。

・病院が割と多い。
 総合病院、大学病院に加え、町の開業医も多く、受診できる科目も豊富です。

-Disadvantage of Neyagawa City-

・遊ぶ場所が少ない。
 以前は娯楽施設もあったのですが、
 高齢化に伴い、ゲームセンター、ボーリング場、映画館などの
 娯楽施設と呼ばれる遊ぶ場所がなくなりました。
  

・夏は暑く、冬は寒い。
 地形的に盆地に属するのですが、京都と大阪の中間地点で、
 近年の異常気温には耐えられないです。

-Benefits of Kawachinagano City-

大阪市内から電車で30分で自然が沢山あり、住宅街でも隣の家とはほどよい距離があり、家族連れでの生活には最適です。近くに学校やスーパー、病院などもあるので日常の生活に不便はありません。また市内よりも土地や家が安いため、同じ費用でも広いところに居住を構えることができます。

-Disadvantage of Kawachinagano City-

最寄り駅まではバス、市内までは駅から急行で30分かかります。通勤・通学ラッシュの時間帯は満員電車に乗らなければいけません。映画館や買い物などの大型の娯楽施設は近くにないため、車もしくは電車で行く必要があります。市内までは公共交通機関を使うため、交通費がかかってしまいます。

-Benefits of Izumi City-

のどかな住宅街です。スーパーやクリニック、アパレルブランドや家電量販店が入った大型ショッピング施設も充実しているので、生活にはとても便利です。
治安がよく、赤ちゃんから高齢者まで安全に暮らせます。
光明池の周りには散歩やランニングが出来るような道があり、早朝から夜まで人通りがあります。

-Disadvantage of Izumi City-

大阪市内に通勤するには遠いです。
梅田まで私鉄と地下鉄を乗り換えて1時間ほどかかります。
また、繁華街のような様々な飲食店やエンタメ施設は無いので、遊びに行くにも電車で大阪市内まで出る必要があります。
また、近くに変電所があるのですが、私は気にしませんが、これをデメリットと感じる人もいるそうです。

-Benefits of Izumi City-

JR・阪和線沿線となり快速がとまるので、大阪市内など街へも出て行きやすい。総合病院・スポーツジム・スーパーなど店舗も多く買い物もしやすいです。バスも多方面に出ていて、車のない人でも移動しやすいです。図書館もドリンクOKの立派なもの、駅前の立地の良い物と充実しています。だんじりがあり、お祭りは各地区のねり歩きがあり賑やかです。

-Disadvantage of Izumi City-

交通の便も良いながらも、山手に伸びる地形なので、ホームセンター・飲食店など広い範囲に立地しているので、やはり車やバイクがある方がかなり便利だと思います。大阪市内の人からすると、大和川を南下すると「田舎」と見られやすい。マンションも新しいのが建ち続けていて、そのためかJRは早朝から混んでいてまず座れないです。

-Benefits of Kadoma City-

いわゆる郊外です。決して静かとは言えないところですが、都会すぎず田舎すぎず、さまざまなサービスは充実している住宅街です。数年に一度しか用事はありませんが、運転免許更新センターがあるところなので、更新の時期になると住んでいてよかったなと思います。歩いて行ける距離にありますので。

-Disadvantage of Kadoma City-

大阪全般ではありますが、治安が良いとは言えないところです。夜中に爆音で走り抜けるバイクがいたりします。集団ではないので暴走族ではないと思いますが、うるさいなと。あと、遊ぶところが少ないので、若い人にとっては退屈なところかもしれません。大人にとってはちょうど良いですが。

-Benefits of Minoo City-

発展した大阪の中心地、小規模だが買い物しやすい京都の中心地のどちらからもほど近く、バスや電車に乗って気軽に遊びや買い物に行ける。閑静な高級住宅街があり、街も人も上品で穏やかな感じで日常生活も過ごしやすい。国道171号を中心に、外食チェーン店や量販店も顔を揃えており、地元で話題のお洒落なレストランやパティスリーも点在。また、箕面温泉をはじめ温浴施設も近隣に複数ある。

-Disadvantage of Minoo City-

とにかく山あいなので、バスも路線によってはバス酔いするほど揺れるしアップダウンがある。高台の住宅街から国道171号に出ようとすると、若者でもスクーターか電動自転車でないと結構疲れる。ちょっと山の方に近づくと野生の猿の群れと遭遇してしまう。また、山の方に車で連れて行かれる噂などあり、女性の夜道の一人歩きは危険。近くに梅花女子大や、市内に大阪大外国語学部のキャンパスがあり下宿生もいるので、女子大生狙いの変質者がいるとの声も聞かれる。

-Benefits of Tondabayashi City-

のどかな地域で、戸建てや庭付きの家のコストも低いので、ガーデニングやペットの飼育がしやすいです。公園や緑が多く、のんびり暮らせます。新興住宅街や賃貸の住宅が数多くあり、選択肢が多いので、希望の間取りの家が探しやすいです。交通については、近鉄と南海高野線が利用可能で、準急などを利用すると大阪中心部にも行きやすいです。

-Disadvantage of Tondabayashi City-

あまり予算がないのか、図書館が小さ目であまり本が充実していません。ほかの大きな自治体に比べて、文化活動の面では地味で催し物なども少ないのが残念です。難波や天王寺に出るには便利なのですが、梅田に行くにはさらに乗換が必要なので、毎日梅田に通勤するのはしんどいかもしれません。のどかな地域は駅からやや遠いことが多く、バスや自家用車の利用が必要になります。

 

Go to prefecture page

Top