Hiroshimaへの移住【メリットやデメリット】

Basic information of Hiroshima Pref

I am considering moving to Hiroshima Prefecture, but are there good properties? Is there a work place? There are many concerns such as.

Among them, many people decided to shift to a new place with emotion?

Let's learn immigration support etc. of each municipality in advance in order not to fail.

URL http://www.pref.hiroshima.lg.jp/
Population (people) 2844963
Area (sq. Km) 8479.45
Population density 335.51

List of municipalities of Hiroshima Pref

Migration support information

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【Experience】Pros and cons of migrating to Hiroshima Pref

Advantages of immigration to Hiroshima Pref

Disadvantages of immigration to Hiroshima Pref

-Benefits of Onomichi City-

林芙美子や志賀直哉、大林宣彦などの文化人が傑作を出すほどには文芸作品を作るのにはいい環境だと思います。
空き家再生プロジェクト等を活用すれば、比較的安価な制作拠点を作ることが出来るかもしれません。
本土側には千光寺などのお寺があり、アニメの舞台にもなっているので聖地巡礼などが出来ます。
3つの島(向島・因島・生口島)も、しまなみ海道でつながっており、サイクリングにも最適です。

-Disadvantage of Onomichi City-

本土は坂の町として有名なほどには坂が急で、車道が狭く、自動車が入れないデメリットがあります。
島で生活しようとするならば、逆に車は必須ですし、しまなみ海道で本土に渡らないといけないので、交通費がかさみます。
電車移動の面では、尾道駅(在来線)と新尾道駅(新幹線)は同じ位置に無いのと、駐車場代を取られるので、移動が大変な所です。新幹線は福山駅に行かないとのぞみ新幹線に乗れないので注意が必要です。

-Benefits of Ootake City-

立地としてのメリットは広島市に電車で乗り換え無しで行けるところと車が有れば岩国市の錦帯橋空港にも20分くらいで行けるので、東京に出るのにも早い点です。住み心地は治安は良く、スーパーやコンビニなどのお店はそれなりにあるのでは不便は無いです。病院も国病があるので医療もそれなりに安心です。

-Disadvantage of Ootake City-

車が無いと買い物などが不便な点があります。あと国病はありますが、出産は出来ないので、隣の廿日市市か岩国市で出産する病院を選ばないといけないところです。あと市役所が駅から遠いのでそういう点でも車が必要になります。映画館やボーリング場などの娯楽施設がない点も特に若い人にはデメリットだと思います。

-Benefits of Mihara City-

田舎でも都会でもなく住みやすい。駅周辺にデパートなどいろいろな店などがあるのでその周辺までいけば、だいたいの買い物や用事などがすませれる。また、三原はたこの町で知られており、その他にももみじ饅頭が有名です。中ノ町は周りは緑多めの静かな場所なので都会みたいに騒がしなく住みやすいと思います。

-Disadvantage of Mihara City-

中ノ町は駅から少し遠いので、最低自転車がないと少し不便。駅まで出ないと大きいスーパーなどがないのがネック。少し小さめのスーパーやコンビニなどはありますが…付近に働ける場所が少ないのもネックです。車がないと働くのは少し難しいかもしれません。駅までのバスは出ているが1時間に1本しかないのがネックです。

-Benefits of Kure City-

一年を通じてさまざまイベントが開催されます。ほとんどが市主催のものです。春は多くの市民でにぎわう「みなと祭り」。
夏は海上花火大会。秋には、呉市のおいしいものがたくさん堪能できる「食の祭典」。冬は、広島名産である牡蠣が、市内の至るところで味わうことができる「かき祭り」。住んでいるだけで、たくさんの楽しみがある街です。

-Disadvantage of Kure City-

昭和の時代は、造船の街として、とても栄えていた呉市です。今も、海上自衛隊の呉基地があり、敷地内の一般公開イベントがあったり、海軍カレーを味わうことができますが、現在では、造船不況で、街はさびれてしまっています。新しい人に住んで欲しいとは思いますが、仕事があるか、分かりません。

-Benefits of Kure City-

海沿いの町で、犯罪発生率が低い町であることです。治安がよく、夜でも気軽に歩けるような
区画整理と、街灯の設置率が高い為、安心して夜でも歩いて帰れるようなところです。

バスが呉市内を、張り巡らすように整備されていることから
車があまり必要ない地域であり、病院やスーパー等の施設が多いのも住みやすくて
メリットが高いと思います。

-Disadvantage of Kure City-

呉市の鉄道の利用の場合ですが、JRが単線の為あまり電車が多くないのがよくないです。

公共の施設は人口の割には少な目でありますし、老朽化もしている為
もう少しきれいにしてほしいと思います。

また、65歳以上の人口比率が高くなってきている為
あまり若い人たちがいる地域ではありませんし
今後、大きくなるとは思えず、公共サービスも少なくなりそうで
デメリットであると感じます。

-Benefits of Kure City-

人口22万人の瀬戸内海に面した町です。温暖な気候で作られる柑橘類や牡蠣などの農林水産業、鉄鋼・造船を主体とする製造業が盛んです。海上自衛隊の基地もあり、海外の支援派遣などで貢献しています。国立病院や共済病院など医療環境も充実しています。呉高専や広島国際大学などの教育機関もあり、活気のある地域です。広島市方面及び東広島市方面へは自動車専用道も整備されており、1時間以内と交通の便も良いです。

-Disadvantage of Kure City-

2018年、呉市も山崩れなどで大きな被害を受けた西日本豪雨災害など、急傾斜地も多く、場所によってはリスクが高いです。主要交通機関としてJR呉線がありますが、単線のため中核都市の広島市まで1時間弱かかります。大手鉄鋼メーカーが事業所の縮小を計画しており、今後の産業振興が課題となっています。

-Benefits of Miyoshi City-

広島県北に位置する三次市は、こじんまりとした町ですが自然豊かで「霧の海」「鵜飼い」「三次ワイナリー」「みよし風土記の丘」妖怪話から派生した施設の「もののけミュージアム」など小さい町の割には観光名所も多いと思います。少年野球などスポーツも盛んでプロ野球選手の産出もある町です。

-Disadvantage of Miyoshi City-

日本全国どこでもそうかもしれませんが、やはり若者が少なく老人が多いです。そのため観光名所はどうしても年配者向けが多く、若者向けの施設は皆無といっても過言ではありません。さらに小さい町の為、知り合いの知り合い的な狭い人間づきあいが多くなりがちで、田舎ならではの面倒臭さはあると思います。

-Benefits of Kure City-

地方都市の割にはお店や交通が充実していることです。
ゆめタウンやイオンなど大きなショッピングセンターがあり、スーパーやドラッグストア、駅のお店も多いです。ファミレスも充実しています。
列車で広島まで快速なら30分ほどで着きますし、便数も多い時は1時間に5本あります。また市内の移動もバスが充実しています。マイカーなしでも結構暮らせますので、節約にもなります。
また、海の眺めが素敵で公園も充実しており心癒されます。

-Disadvantage of Kure City-

賃貸に住む場合、家賃は地方の割にはやや高めになります。
また、都会にあるようなおしゃれなカフェやお店が好きな人には少し物足りないかもしれません。デパートも昔はあったのですが閉店してしまいました。
それと方言がすこしキツいので、なじみのない人は聞き慣れるまで少し怖く感じるかもしれません。

-Benefits of Hukuyama City-

大都会でもなく、田舎でもない感じがちょうどよい。鞆の浦など観光地もあって、風情あふれる街並みを堪能できる。また、岡山や四国などのアクセスにも便利な場所であり、ドライブなど休日の過ごし方は選択肢がたくさんあってよい。住んでいる人々もあたたかい方が多く、よく話しかけてこられる。

-Disadvantage of Hukuyama City-

どれもちょうどいい反面、どれも中途半端に思えてくることがある。バスなども少なく、車がないと生活できない。そして、交通渋滞がたいへんひどく、朝のラッシュ時は渋滞でイライラする。日本鋼管の鉄粉や煙も気になり、空気が汚いのが目に見えてしまうので、気になる人は住まないほうがいいと思う。

-Benefits of Onomichi City-

空気がおいしい、景色がきれい。とにかく、のんびりできる。海が近いので、夏になると泳ぐことが楽しくて冬は雪も積もらないので普通の生活ができる。人々がせかせかしてないので、のんびりとした性格になれる。特に困ることもなく、普通に生活できてます。老後ののんびり生活には最高。

-Disadvantage of Onomichi City-

田舎に近い環境なので、若い子には物足りない場所。有名な飲食店も近くにはなく、大きなショッピングモールもないので欲が出せない。現代についていけない環境。総合病院も近郊にないので不便。仕方がないけど、一度はここを離れて街で生活したいと子供が離れていく現状。私も一度はここを離れたから、気持ちはよくわかる。

 

Go to prefecture page

Top