Kagoshimaへの移住【メリットやデメリット】

Basic information of Kagoshima Pref

I am considering moving to Kagoshima Prefecture, but are there good properties? Is there a work place? There are many concerns such as.

Among them, many people decided to shift to a new place with emotion?

Let's learn immigration support etc. of each municipality in advance in order not to fail.

URL http://www.pref.kagoshima.jp/
Population (people) 1648752
Area (sq. Km) 9186.94
Population density 179.47

List of municipalities of Kagoshima Pref

Migration support information

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【Experience】Pros and cons of migrating to Kagoshima Pref

Advantages of immigration to Kagoshima Pref

Disadvantages of immigration to Kagoshima Pref

-Benefits of Kanoya City-

一番の魅力はご飯が美味しいという事です。海の幸もありますし、豚、鳥といったお肉も美味しいです。お酒も絶品です。いも焼酎が有名でリーズナブルな値段で飲む事もできます。また自然が溢れているので、マリンスポーツ、バーベキューなどアウトドアを存分に楽しむ事もできます。また暖かい土地であるという事も魅力です。

-Disadvantage of Kanoya City-

デメリットとしてはやはり田舎だという事だと思います。東京などの都心と比べ情報が入ってくるのが遅いです。またアルバイトなどの時給も都会と比べ低いと感じています。また車がないとコンビニへ行くのにも一苦労です。また鹿児島ならではですが、桜島から火山灰が降ってくるので、洗濯物が外干しできないのもデメリットだと思います。

-Benefits of Satsumasendai City-

子育て世代にとっては、医療費が高校生まで無料なので助かっている。学校の規模が小さいところが多く、先生の目が行き届きやすいので安心感がある。自然に恵まれている。
商業施設などは大規模店は無いので物足りないと感じる人もいるかもしれないが、そこそこの規模の店が多くあり、土地が広いので駐車場も広々としているところが多く利用しやすい。

-Disadvantage of Satsumasendai City-

田舎のコミュニティは密接過ぎて煩わしいことが多い。よく知りもしない人の葬儀の手伝いに行かなければならなかったり、田んぼ作ってないのに野焼きの手伝いを要求されたりとか。
車が無いと生活がままならない。最寄りのコンビニが車で5分とか、買い物や病院なども車でないと行けないところが多い。学校も合併に次ぐ合併で校区が広く、車で送迎する家庭も多い。

-Benefits of Tokunoshima Town-

気候は一年を通して温暖で、比較的一年を通して快適に過ごせますし、スギ・ヒノキの花粉の飛散が少ないと思われ、花粉症の症状が出にくいです。歩いていける距離に自然がたくさんあり、わざわざ遠出をしなくても山や海に触れることができるというのは最高の贅沢ではないでしょうか。小さい子どもの子育てをする環境としてはとてもいい所だと思います。

-Disadvantage of Tokunoshima Town-

人口が少ない島なので人との繋がりがとても大事で、冠婚葬祭などの行事が多くお祝いのはしごなどもあり金銭的にも精神的にも人付き合いが大変です。
離島にしては大きな病院もあるのですが、医師や医療設備の不足で病気によっては本土や沖縄に行かないといけないので患者本人も家族も大変です。

-Benefits of Kanoya City-

おおらかな人が多く、市役所などの職員の方も親切に対応してくれる。
交通量も少なく静かである。
自然が多く、小さな畑もあるので家庭菜園などが手軽にできる。
日常的に火山灰の降る地域のため、サンルーム(太陽光が多く入るようにガラス張りになっている室内で洗濯物を干せるスペース)のついた家が主流となっており、花粉や黄砂などの心配もなく洗濯物が干せる。

-Disadvantage of Kanoya City-

歩いて行ける範囲にスーパーやコンビニがあまりないため車がないと買い物や通勤ができない。そのため家族が一人一人車やバイクなどを所有する必要がある。
鉄道がなくバスもコミュニティバスしかないので車やフェリーを利用して鹿児島駅まで出る必要がある。
映画館がなく、唯一ある映画館でも新作映画は一つのみであったりとほとんど上映されない。
娯楽施設などもなく、デパートなどもないため、買い物できる場所も限られている。

-Benefits of Ibusuki City-

温泉がある。これが何よりのメリットです。銭湯のお湯も温泉ですので、家庭で入浴するより銭湯に通うのが、この辺りのお年寄りには人気のようです。自宅に温泉を引いているところもあるそうです。地域には、昔ながらの鄙びた銭湯もたくさんあります。ただし、都会から来た当初はあまりの寂れ加減に、少し驚きました。

-Disadvantage of Ibusuki City-

街の寂れ具合がエグイです。なので、駅前商店街はシャッター通りで閑散としています。インバウンドで外国人もやってきますが、彼らも行くところが無くて大変なのではないでしょうか。温泉と風景しか楽しみがない街です。その温泉も、もっときちんと活用すればと思いますが、市も財政難のおりそれも難し気。せっかくの温泉と風光明媚な土地柄なのに、それを活かしきれていない市政と観光業者、そして、いかにも田舎気質でよそ者を受け入れない人々が、デメリットそのものです。

-Benefits of Ibusuki City-

温泉地である為、近くに温泉施設がいくつもあり、手ごろな価格で利用できる。
日本の中でも比較的温暖な地域の為、寒さに弱い人は良いかも。
都会のように騒がしくないので、ゆっくりスローライフを送ることができる。
農業も活発なので、農業に興味のある人にもおすすめ。
自然が豊富なので、アウトドアも楽しめる。

-Disadvantage of Ibusuki City-

鹿児島の中でも端にある為、どこかに出掛ける際に遠い。
空港までも、高速を使用して1時間40分ほどかかる。
また、一番南に位置する為、移動する際同じ道を通らないといけない為、運転もつまらなくなりがち。
アミューズメント施設等は無いので、子供や家族で楽しめるものが限られてくる。
子供の数が減っているので、このままだと子育てに魅力的な街ではなくなる可能性がある。

-Benefits of Satsumasendai City-

大きな商業施設や娯楽施設はないが、全国展開しているチェーン店等が多く外食や買い物をする場所に困ることはない。自然も多く、海の幸山の幸どちらも美味しいものが多い。新幹線が発着する駅もあり他県や鹿児島市へのアクセスも良い。行政の子育て支援も力を入れていて、子供がいる若い世代も住みやすいと思う。

-Disadvantage of Satsumasendai City-

どの場所に住んでいたとしても車は必須。市内の移動は車、もしくは路線バスとなるが、バスの本数が少ない場所も多い。原子力発電所があるので、それが気になる人にはデメリットになりうる。薩摩川内市は複数の町村が合併してできたので、範囲が広く中心部とそれ以外の暮らしの便利さに格差がある。

-Benefits of Minamitane Town-

とにかく海が綺麗です。鉄砲伝来の地であり、ロケット打ち上げの地でもあります。サーファーが移住してくるなど、海の素晴らしさを満喫できるところです。中種子町との境にある海岸には、「千座の岩屋(ちくらのいわや)」というユニークな形の洞窟・岩窟が見られ、その独特な形状は、Windowsの壁紙としても知られています。

-Disadvantage of Minamitane Town-

離島ですので、台風が良く来ます。鹿児島市へは飛行機か船で行きますが、飛行機は小型なので良く揺れ、船は高速船と車を積める大型船とありますが、意外と長旅です。島で育った方は余り不便を感じないかも知れませんが、転勤などで来た人にとっては、海は美しくても中々ハードルの高い土地でもあります。

-Benefits of Isa City-

お米が美味しい場所です。そして焼酎の工場もあり、伊佐市の人は上手に「のんかた」(飲み会)を楽しみます。野菜は安くて新鮮で、温泉も身近にあります。産直市場も多く、手作りの茶葉や漬け物、加工品を楽しむこともできます。黒豚が有名で、美味しいレストランもあります。田舎の良さも残しつつ、買い物には困らない便利さも魅力です。

-Disadvantage of Isa City-

土地の雄大さゆえに、自家用車は不可欠です。また、高齢者が運転する車も多いため、危険回避や前方車の速度の遅さに辛抱しなければならないこともあります。鹿児島弁を話す人が多いため、独特のイントネーションや理解できない言葉に驚く人も多いかもしれません。日用品には困りませんが、大きな買い物やちょっと変わった物を手に入れるためには、隣の熊本県人吉市や鹿児島市まで出かける必要があります。

-Benefits of Kagoshima City-

人が温かいことです。

今、家族を介護中ですが、この町でずっと頑張れそうです。

そして、いつかその介護している子も、最愛の人とめぐりあい、幸せになってくれそうな気がします。

優しい街と真摯な人柄とそういう助け合いの精神が息づいています。

困った人にはきちんと接してくれます。私もそういう風に周りの人に恩返ししたいと思います。

-Disadvantage of Kagoshima City-

よそから来た人になかなか心を開けないことです。

本当はとても優しい人が多い街なのに、あまりに気を使いすぎてしまって損していると思います。

もっと気楽に付き合えたらよそから来た人も安心できると思います。

中に入ってしまえば一人一人はとてもまじめで優しい人が多いです。アピールが下手なところがデメリットです。

 

Go to prefecture page

Top