Fukuokaへの移住【メリットやデメリット】

Basic information of Fukuoka Pref

I am considering moving to Fukuoka Prefecture, but are there good properties? Is there a work place? There are many concerns such as.

Among them, many people decided to shift to a new place with emotion?

Let's learn immigration support etc. of each municipality in advance in order not to fail.

URL http://www.pref.fukuoka.lg.jp/
Population (people) 5102871
Area (sq. Km) 4986.4
Population density 1023.36

List of municipalities of Fukuoka Pref

Migration support information

  • 国内移住に掛かる資金や必要な貯金額
    いざ、移住をしようと考えてもタダで始められるわけではありません。 ある程度の貯金・資金が無いと夢の田舎暮らしを始めることが出来ません。
  • 地方移住のメリット・デメリット
    最近では、地方を活性化するために、国が地方移住を進めています。 また、東京での生活に疲れてしまった方や、地方で自然を感じて暮らしたいという方も増えており、移住を検討している家族も増えています。
  • 地方移住する理由ランキング
    多くの方が地方移住を検討しているのですが、なぜ、移住を考えているのでしょうか? 現在の生活への不満や、地方の生活への期待などあるかと思いますが、具体的な理由について調べてみました。
  • 移住をするベストなタイミングはいつ?
    移住というのは人生においても大きなターニングポイントとなります。 仕事を辞めたタイミングや結婚をしたタイミングなど。

【Experience】Pros and cons of migrating to Fukuoka Pref

Advantages of immigration to Fukuoka Pref

Disadvantages of immigration to Fukuoka Pref

-Benefits of Itoshima City-

福岡市中心部からはJR筑肥線の利用でさほど時間が掛からずに移動ができ、道路事情も年々良くなっています。
自然豊かな場所で山や川、海も満喫でき、地元農水産物も豊富です。近年では自然や糸島産の食材、スイーツなども人気です。
土地も広々として物価も高くなく、買い物や病院などはある程度の住宅街では整っているので福岡中心部へ出る必要は無いです。

-Disadvantage of Itoshima City-

人にもよりますが、糸島を田舎扱いしているので辺鄙なところに住んでいると思われることもあります。
育児に関しては土地が広いので校区も広く、特に中学校への通学は徒歩で遠くなったり自転車通学になります。
高校へは電車利用もできますが、糸島市内での選択肢は少ないので福岡都市部へ通う必要があります。

-Benefits of Iiduka City-

交通量もあまり多くないので渋滞などのストレスがない。
自然が多くあるので家族でのキャンプやソロキャンプもできる場所が多い。
福岡県の中心部にあるため福岡市、北九州市、久留米市のどこに行くにしても車で1時間かからず行けるため福岡県であるイベント等はどこであっても行きやすい。

-Disadvantage of Iiduka City-

高速道路が通っておらず宮若市、北九州市、小郡市まで行かなければならいため車で県外に行く場合には不便。
雪が降ると久留米市、筑紫野市、糟屋郡に行くトンネルや峠がよく通行止めになってしまうため冬の日は注意が必要。
福岡市や北九州市まで行かなければ水族館や動物園がない。

-Benefits of Nakagawa City-

一昨年、人口5万人を突破し、町から市になりました。田舎と都会の融合的な感じがあり、どちらの要素も味わえます。近年では道路が広くなったり、マンションが建つことが多くなりました。市になる前から、博多へ10分程度で行ける新幹線もある為、中心部へのアクセスも可能です。

-Disadvantage of Nakagawa City-

市になったことは良いことだと思うが、この地域にはこれがある!と言えるような施設がないこと。新幹線の駅までのアクセスが私が住む田舎の方からだと、若干不便である。そこまでバスの本数などが多いわけではない為、やはり車が必要になるかと思います。個人的な見解ではありますが、民度の差を感じます。田舎に住んでる方たちの方が余裕を感じます。便利なのは、大きな駅がある方だと感じますが、その地域に住む人を考えると少しばかり懸念すると思います。

-Benefits of Noogata City-

筑豊地区(福岡県を4分した地区の一つ)の中では最大規模の市であり、交通機関や商業施設、学校等が充実している。
市中心を1級河川が流れており、それを利用した水道事業基盤も安定しているため、渇水の心配がない。
10年ほど前に大型ショッピングモールがオープンし、周辺市区町からの集客も多く、市財政も回復しつつある。

-Disadvantage of Noogata City-

従前存在していた「駅前商店街」が時代の流れで衰退しつつあった際に、上記ショッピングモールが開設。一気に「シャッター街」となってしまった。
商店街に依存していた地域に住み、現在恒例となった方々は「買い物にも困る」状態。行政の支援が求められている。
公共料金(水道、都市ガス、ごみ収集等)も域内では高額寄りに分類されるため、上記ショッピングモールを起点にした「反対側の市区」へ異動する方も多い。

-Benefits of Oonojou City-

都市のような殺伐さがなく、街全体が穏やかでのんびりとしていて自分のペースをたもちやすいことと、近所の方々と仲良くなりやすいことです。町内などのイベントも皆さんで助け合って開催していけるのでとても楽しいです。都市に比べると、高層住宅も少なく空気もきれいだと思います。

-Disadvantage of Oonojou City-

交通の便があまり良くありません。バスなど一時間に一本あるのが普通な場所もあります。お買い物に行ける場所が限られてきますので、わざわざ週末に少し遠出がてら大きなショッピングセンターなどまで足を運ぶことがたびたびあります。お店などが閉まる時間が早いので仕事帰りに買い物に行けるのがコンビニぐらいしかありません。

-Benefits of Kasuga City-

福岡市に隣接しているが距離の割には家賃が安くて自然もそれなりにあるので、都会の喧騒が苦手だと感じる人にはマッチする場所だと思います。駅から離れたところでも路線バスがあるので、通勤通学にはそこまで苦にはならないと思いました。最近は南部の方にフォレストシティ春日が出来て買い物するのも利便性があがりました。

-Disadvantage of Kasuga City-

春日原駅や春日駅周辺であればすぐ電車でアクセスできるので、車を持つ必要はありませんが場所によってはバスの他に交通機関がないので車なしで生活するのは厳しいです。最終バスの時間も早いので休日は福岡市内に滞在できる時間はそこまで長くないです。さらに坂も多く起伏が激しい土地が多いため移動するのが大変なのもデメリットの1つだと思いました。

-Benefits of Itoshima City-

福岡市の隣に位置していて、都会の便利さと田舎の趣をあわせ持った市です。福岡空港までは直通電車で約50分、都心の天神・博多へも電車や高速バスで向かうことができます。海、山、田畑と様々な地区を含んでいるため、少し足を伸ばせば四季折々の景観を楽しむことができます。春には桜などの花を愛で、夏には海で海水浴を楽しみ、秋には紅葉や旬の食べ物をを味わい、そして冬には牡蠣小屋で牡蠣を焼くことができます。福岡市内からもたくさんの人が訪れ、古民家を改造した隠れ家のようなカフェで至福の一時を楽しんでいます。高齢者のための病院送迎バスも行き届いており、安心して暮らせる体制が整っています。

-Disadvantage of Itoshima City-

バスの本数は少なく、個人で交通手段を確保する必要があります。市外からの観光者も多いため、休日は道路が混雑することもあり、日常生活に多少の不便を感じることがあります。山に近い場所では、台風並みの春一番が吹き荒れることもありますし、冬は路面の凍結に悩まされることもあります。黄砂の時期にはかなり影響がある点も、デメリットと言わざるを得ません。

-Benefits of Kotake Town-

田舎の山村で、ご近所さんから野菜や果物を相当の量頂けるため、食費が安く上がる。
集落の結束が強く、いざというときは周りの人々が助けてくれる。
当家が集落で「最も若い」世帯であり、折に触れ声をかけて(主に力仕事の手伝いですが)いただける。
町全体がゆったりとした雰囲気で、落ち着いて日々を過ごせる。

-Disadvantage of Kotake Town-

町内に公共バスの乗り入れが無いため、自動車を保有していないと「どこにも行けない」。
町内に2つある鉄道駅のうち、1つにエレベーターが無い。さらに、「スロープの先が階段」である。
集落の結束が固いゆえに、「何かやらかす」としばらく村八分となる。
各種公共料金(水道、ごみ収集等)が、周辺の自治体と比較して高い。

-Benefits of Dazaihu City-

物価が安いところです。近くにJA、農協のお店がありますが、採れたて新鮮野菜が格別な安い値段で買うことができます。スーパーでも特に生鮮食品が大都市とは比べものにならないような値段です。九州では有名な神社がある観光地なので、観光客も多く、駅前を中心に年中賑わっています。

-Disadvantage of Dazaihu City-

地元に住む人間にとっては、観光地のデメリットはとにかくいつも人が多いことです。特に最近はアジア系の観光客が多く、秩序やルールを守らない人が増えているのに、行政などの対策が後手後手にまわっている点が不満です。また、盆地なので思ったより空気が悪く、pm2.5の数値も問題になっていたりします。

-Benefits of Kasuga City-

メリットとしてまずは交通の便です。福岡県の中心地である「天神」と「博多」ここに至る交通機関として、地下鉄・JR・西鉄とありますが、そのうちJRと西鉄の二つの駅があります。また、近年では郊外型の大型商業施設が次々オープンしており、週末の買物等も楽しみやすい環境だと思います。

-Disadvantage of Kasuga City-

公共交通機関の便は良いのですが、「天神」「博多」の中心地からはそこそこ距離があります。よって、終電を逃すと歩きではとても帰れません。またタクシーを使うと深夜料金含めて5千円はいくのではないでしょうか。これは気軽な金額ではないので金銭的負担はあると思います。また、市民税等の賦課率は高いと言われてますので、税負担も覚悟した方が良いと思います。

 

Go to prefecture page

Top